LOADING...

COMPLETE

LIVE

会見は終了しました。

日銀
2017,03,16

 日銀の黒田東彦総裁は16日、金融政策決定会合後の記者会見で強力な緩和策を推進していく考えを強調した。同日の決定会合では緩和策の現状維持を決めていた。春季労使交渉での賃上げの動きを歓迎。米連邦準備理事会(FRB)による利上げの評価は避けつつ、新興国経済への影響を見守る考えを示した。

KEY POINTS

01.政策決定会合では現在の金融緩和策を維持。物価2%実現のため推進

02.多くの企業で4年連続賃上げ。ただ、全体の賃金動向は見極めが必要

03.米国経済は先行きもしっかりしている。新興国経済への影響見守る

日銀LIVE
トピックスタイムライン

取材・制作
小栗太、三田敬大、安田翔平、清水正行、映像報道部

Visual Data 一覧へ戻る