LOADING...

COMPLETE

LIVE

会見は終了しました。

日銀
2017,01,31

 日銀の黒田東彦総裁は31日の金融政策決定会合後の記者会見で、トランプ米政権について「政策運営の方向性を十分注視していきたい」と述べた。減税やインフラ投資が株価を押し上げているとしつつ、保護主義的な政策が貿易を縮小させ、世界経済を減速させる可能性に言及。経済・物価情勢の展望(展望リポート)で2017~18年度の成長率見通しを上方修正したものの、先行きは「下振れリスクが大きい」と指摘した。

KEY POINTS

01.金融緩和策を維持。17~18年度の成長率見通しを上方修正。物価見通しは据え置き

02.黒田総裁は記者会見で先行きに関しては「下振れリスクが大きい」と指摘

03.トランプ米政権について「政策運営の方向性を十分注視していきたい」と強調

日銀LIVE
トピックスタイムライン

取材・制作
小栗太、三田敬大、安田翔平、清水正行、映像報道部

Visual Data 一覧へ戻る