都道府県名 市区町村名

  • 男性
  • 女性
  • 男女計

15年間での
増加倍率

2015年の
単身高齢者

この地図について

i

増加率

  • 3倍超

  • 2.5〜3倍

  • 2〜2.5倍

  • 1.5〜2倍

  • 1〜1.5倍

  • 1倍未満

ひとり暮らしシニア
増減マップ

ひとり暮らしのシニアが都市部で急増している。国勢調査を分析すると、2000年から15年間で単身高齢者が2倍以上増えた自治体は首都圏、近畿圏、中京圏に集中している。単身高齢者が最も多かったのは大阪市の20万1千人だった。横浜市、名古屋市、札幌市も10万人を超える。ひとり暮らしシニアの状況が一目で分かる地図を作った。


データについて

ひとり暮らしシニア増減マップは、国勢調査のデータを使って分析した。2000年から15年間で、65歳以上の単身世帯数の増加率を地図で色分けした。赤い色が濃くなるほど増加率は大きくなっている。各市区町村をクリックすると、単身高齢者の人数の推移や増減率が分かる。ただし、原発事故の影響で国勢調査の対象から外れた福島県富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、飯舘村は2015年のデータがない。東京都三宅島は噴火の影響で2000年のデータがない。

  • 3倍超
  • 2.5〜3倍
  • 2〜2.5倍
  • 1.5〜2倍
  • 1〜1.5倍
  • 1倍未満
取材・制作
前村聡、藤川衛、清水正行、安田翔平
出典
国勢調査

00%

Visual Data 一覧へ戻る