女性の労働参加、「M字」から「逆U」に

働く女性、中高年が増加

2017年

2007年

1986年(男女雇用機会均等法施行)

(注)女性の労働参加率。総務省

働く女性が増えている。労働力の割合を示すグラフをみると、「M字」から「逆U」の形に変わってきた。

男女雇用機会均等法が施行された1986年。結婚・出産期に当たる年代の労働参加率が落ち込み、育児が落ち着いた時期に再び上昇するM字カーブを描いた。

総務省が1月30日発表した労働力調査によると、2017年はMの谷に相当する30代の落ち込みが緩やかになった。40代以降の労働参加率も軒並み上昇している。

中高年で主婦パートとして働き始める人が増えている。17年の女性の労働力人口は前年から45万人増え2937万人。60~64歳の労働参加率は54.9%と過去最高だ。

労働力人口を10年前と比べると、65歳以上が125万人増、次いで45~49歳が79万人増となった。少子化で25~29歳は39万人減、30~34歳は34万人減った。

取材・制作
藤川衛、久能弘嗣

Visual Data 一覧へ戻る