インバウンド統計リポート

中国経済減速も訪日消費衰えず

2019年4~6月期の訪日客数は858万人、旅行消費額は1兆2810億円だった。消費額は2010年の統計開始以来、四半期としては過去最高を記録した。消費を押し上げたのは中国人観光客で高単価の消費財を買い求める動きが目立った。和食ブームなどから欧州の訪日客数も堅調だった。インバウンド統計リポートで訪日客の今を追う。

データ出典:日本政府観光局「訪日外客数」、観光庁「訪日外国人消費動向調査」

最新データ:2019 / 4~6

全体動向をチェック

訪日客数

新規就航、増便が奏功

4〜6月期の訪日客数は前年同期比3.6%増の858万人。4~6月期としては過去最高を記録した。新規の路線就航や増便のあった中国からが好調で、前年同期比23.5%増えた。欧州も堅調で6月単月としてフランスや英国などが過去最高を記録した。

国別の訪日客数

増加率トップはスペイン

旅行者数では中国や韓国が多いが、伸び率が最も高かったのは25.5%増のスペインだった。和食などジャパンブームが続いており、訪日を後押しした。

  • アジア
  • 欧州
  • 北米
  • 南米
  • オセアニア
  • その他
(19年4〜6月期)

消費額

消費額は四半期として過去最高に

消費額は前年同期比13%増の1兆2810億円となり、2010年の統計開始以来、四半期として過去最高を記録した。国籍・地域別では中国が約37%と最も大きかった。中国は経済の減速懸念が強まっているが、訪日消費は衰えを見せていない。

旅行消費額国別割合

中国、台湾、韓国で全体の6割

4~6月期の消費額は中国、台湾、韓国の上位3カ国で全体の6割弱を占める。

  • アジア
  • 欧州
  • 北米
  • 南米
  • オセアニア
  • その他
(19年4〜6月期)

お金の使い方は

旅行支出

タイやフランス伸び率高く 7.8%増

4〜6月期の1人あたり旅行支出は7.8%増の15万6670円。最も伸び率が高かったのはフランスで19.6%増、続いてタイの18.7%だった。和食やアニメなどJポップカルチャーの人気が根強いようで堅調だった。

宿泊料金

欧州勢が高く

4~6月期の1人当たり宿泊料金は英国が最も高く、フランス、豪州が続いた。英国は欧州連合(EU)離脱の問題から経済の減速懸念があるが、支出は旺盛だった。

飲食費

フランスが首位、和食人気根強く

4〜6月期の1人あたりの飲食費はフランスがトップだった。欧州各国の和食ブームもあって食に支出を惜しまない姿が目立つ。

娯楽費

豪州が首位、2位に英国

4〜6月期の1人あたりの娯楽サービス費の首位は豪州。2位は英国が入った。体験型消費も好調のようだ。

買い物代

中国が断トツの首位

4~6月期の1人当たり買い物代は中国が首位をキープ。化粧品や香水などの嗜好品を買い求める客が多く、単価も伸びた。

取材
藤川衛、上阪欣史
デザイン
安田翔平、久能弘嗣、伊藤岳
プログラム
佐藤健

ビジュアルデータ 一覧へ戻る

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。