インバウンド統計リポート

1人あたり支出
豪州が突出

2018年1~3月期の訪日客数は762万人、旅行消費額は1兆1343億円となった。訪日客数は過去最高で、旅行消費額は1~3月期として初めて1兆円を超えた。1人あたり支出はオーストラリアが首位で、2位はベトナムだった。インバウンド統計リポートで訪日客の今を追う。

データ出典:日本政府観光局「訪日外客数」、観光庁「訪日外国人消費動向調査」

最新データ:2018 / 1~3

全体動向をチェック

訪日客数

旧正月、イースターで好調

訪日客数は前年同期比16.5%増の762万人だった。旧正月やイースター休暇でアジア、欧米、豪州客がともに好調だった。

国別の訪日客数

伸び率トップはスペイン

伸び率トップは47.8%増で1万9867人のスペイン。日本政府観光局は17年3月に訪日旅行の需要喚起につながる情報発信拠点をマドリードに設置した。2位は32.5%増で11万5306人のフィリピンだった。

訪日客数 前年比
スペイン 19,867 47.8
フィリピン 115,306 32.5
ロシア 19,489 27.8
韓国 2,131,316 24.4
中国 1,943,604 17.9
  • アジア
  • 欧州
  • 北米
  • 南米
  • オセアニア
  • その他
(18年1〜3月期)

消費額

体験型消費が活発

旅行消費額は17.2%増の1兆1343億円。スキーや和食など体験型消費が活発なうえに、家電や時計といったモノ消費が堅調だ。

旅行消費額国別割合

中国と台湾で全体の5割

消費額は中国が38.7%と最も大きく、次いで台湾の13.2%でこの2カ国・地域で半分を占める。

  • アジア
  • 欧州
  • 北米
  • 南米
  • オセアニア
  • その他
(18年1〜3月期)

お金の使い方は

旅行支出

オーストラリアが首位、欧州勢が上位

1人あたり旅行支出の首位はスキー目的の訪日客が多いオーストラリア。2位は短期留学などで滞在日数の長いベトナム、3位は旧正月で買い物目的の中国だった。

宿泊料金

オーストラリアが1位、欧米高く

1人あたりの宿泊料金はオーストラリアが最も高かった。欧州、米国は高い傾向にあり、アジアは総じて低い。

飲食費

オーストラリアが首位、欧州は和食好き

1人あたりの飲食費の首位もオーストラリアだった。和食人気の高まりでイギリスやフランスも飲食費が高い。

娯楽費

オーストラリアが突出

1人あたりの娯楽サービス費の首位はオーストラリアで2位の中国の1.5倍だ。訪問先は北海道が人気で、スキーやスノーボードにお金を使っている。

買い物代

中国が1位、ロシア3位に

1人あたりの買い物代は中国が突出して多い。旧正月で日本を訪れ、買い物を楽しんだ。3位にはロシアが入った。

取材・制作
藤川衛、安田翔平、佐藤健、久能弘嗣

Visual Data 一覧へ戻る