都道府県名 市区町村名

1人当たり所得

差額

(単位:万円)

1974年からの増加額

この地図について

i

何年前と比べる

所得

  • +100以上

  • +50〜+100

  • +10〜+50

  • +1〜+10

  • -1〜+1

  • -1〜-10

  • -10〜-50

  • -50〜-100

  • -100以下

前年へ

翌年へ

1人当たり所得
増減マップ

総務省統計から市区町村の1人当たり所得の増減を調べると、東日本大震災後、東京都港区など都心部が大きく伸び、地方にも豊かな市町村があらわれた。郊外のベッドタウンの一部や山間部のまちでは厳しい状況が続く。所得増減の温度差を日本地図に描いた。


データについて

1人当たり所得増減マップは、その年の所得が5年前(または前年)と比べて増えていれば赤、減っていれば青で表現した。増減額が大きいほど色が濃くなっている。1人当たり所得のデータは総務省の「市町村税課税状況等の調」をもとに、各市区町村の課税対象となる所得額全体を、納税義務のある人の数で割って算出した。所得の増減額は四捨五入した値をもとに算出した。

  • 100万以上増
  • 50〜100万円増
  • 10〜50万円増
  • 1〜10万円増
  • 増減1万以内
  • 1〜10万円減
  • 10〜50万円減
  • 50〜100万円減
  • 100万以上減

市区町村の課税対象所得

÷

市区町村の納税義務者数

取材・制作
栗原健太、清水正行、安田翔平
出典
総務省「市町村税課税状況等の調」

00%

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。

Visual Data 一覧へ戻る