イノベーション力 強い企業はどこだ?

日本経済新聞は一橋大学イノベーション研究センターと共同で企業の「イノベーション力」ランキングをまとめた。組織力、価値創出力、潜在力の3つの観点から評価し総合ポイントで順位をつけた。

米IT大手が上位独占 日本はトヨタが最高

総合ランキング

順位 企業名 ポイント 業界名 国名(地域名)
1 フェイスブック 203.3 IT 米国(北米)
2 アマゾン・ドット・コム 189.7 IT 米国(北米)
3 アルファベット(グーグル) 181.5 IT 米国(北米)
4 アップル 180.3 IT 米国(北米)
5 ネットフリックス 174.7 通信 米国(北米)
6 マイクロソフト 174.7 IT 米国(北米)
7 インテル 172.3 電機 米国(北米)
8 AT&T 167.0 通信 米国(北米)
9 アリババ集団 166.5 IT 中国(アジア)
10 エヌビディア 166.4 電機 米国(北米)
11 トヨタ自動車 165.7 自動車・自動車部品 日本(日本)
12 クリスチャン・ディオール 165.5 アパレル フランス(欧州)
13 ロイヤル・ダッチ・シェル 165.5 エネルギー 英国・オランダ(欧州)
14 ジョンソン・エンド・ジョンソン 165.2 製薬 米国(北米)
15 マイクロン・テクノロジー 164.9 電機 米国(北米)
16 サムスン電子 164.5 電機 韓国(アジア)
17 ブロードコム 163.2 電機 米国(北米)
18 ノバルティス 162.9 製薬 スイス(欧州)
19 グラクソ・スミスクライン 162.6 製薬 英国(欧州)
20 ASML 161.8 電機 オランダ(欧州)
21 BMW 161.2 自動車・自動車部品 ドイツ(欧州)
22 騰訊控股(テンセント) 161.1 IT 中国(アジア)
23 シスコシステムズ 160.8 通信 米国(北米)
24 杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン) 160.7 電機 中国(アジア)
25 美的集団 160.6 電機 中国(アジア)
26 バイオジェン 160.4 製薬 米国(北米)
27 アプライドマテリアルズ 160.2 電機 米国(北米)
28 ロシュ 160.2 製薬 スイス(欧州)
29 ロレアル 160.0 化粧・日用品 フランス(欧州)
30 LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン 159.8 アパレル フランス(欧州)
31 ネスレ 159.5 食品 スイス(欧州)
32 京東集団(JDドットコム) 159.4 IT 中国(アジア)
33 楽天 159.2 小売 日本(日本)
34 ユニリーバ 159.0 化粧・日用品 英国(欧州)
35 テキサス・インスツルメンツ 158.8 電機 米国(北米)
36 ソニー 158.6 電機 日本(日本)
37 エクソンモービル 158.3 エネルギー 米国(北米)
38 ノボノルディスク 158.2 製薬 デンマーク(欧州)
39 ペイパル 158.1 IT 米国(北米)
40 サノフィ 157.9 製薬 フランス(欧州)
41 資生堂 157.3 化粧・日用品 日本(日本)
42 BASF 157.3 化学 ドイツ(欧州)
43 アッヴィ 156.9 製薬 米国(北米)
44 SAP 156.9 IT ドイツ(欧州)
45 クラフト・ハインツ 156.8 食品 米国(北米)
46 ギリアド・サイエンシズ 156.7 製薬 米国(北米)
47 ユニリーバ 156.2 化粧・日用品 オランダ(欧州)
48 アラガン 156.2 製薬 アイルランド(欧州)
49 イーライ・リリー 156.0 製薬 米国(北米)
50 ファイザー 155.7 製薬 米国(北米)

ユニリーバは英国とオランダの2本社制で、それぞれが決算情報を出しているため別会社として評価した。業種についてはQUICK・ファクトセットの分類を基に再構成した。

首位は米フェイスブック、2位以下に米アマゾン、米アルファベット(グーグル)、米アップルが続きIT(情報技術)大手が独占した。日本勢は11位にトヨタ自動車がランクイン。米国と技術の覇権を競う中国は9位にアリババ集団が入った。上位10社のうち9社が米企業。50位以内でみても23社がランクインするなど米企業の存在感が際立つ結果になった。日本勢は11位にトヨタ自動車が入り、33位に楽天、36位にソニー、41位に資生堂と4社がランクインした。台頭著しい中国勢は9位にアリババ集団が入り、50位以内に騰訊控股(テンセント)、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)、美的集団、京東集団(JDドットコム)と5社が入り、米企業と競い合う関係が浮き彫りになった。

アリババ、トヨタ上回る潜在力

  • トヨタ自動車
  • フェイスブック
  • アマゾン
  • アリババ集団
  • トヨタ自動車
  • フェイスブック

組織力

潜在力

価値創出力

80p

70

60

50

40

30

20

10

  • トヨタ自動車
  • アマゾン

組織力

潜在力

価値創出力

80p

70

60

50

40

30

20

10

  • トヨタ自動車
  • アリババ集団

組織力

潜在力

価値創出力

80p

70

60

50

40

30

20

10

トヨタ自動車は潜在力がフェイスブック並みだがイノベーションを生み出す組織力が低く、総合点を落とす要因になっている。アリババ集団は価値創出力が低いものの、潜在力はトヨタを上回る。各社が弱みを克服できるかどうかで、5~10年後の力関係が変わっている可能性がある。

取材・制作
新井重徳、清水明

イノベーション力とは


イノベーション力は「組織力」、「価値創出力」、「潜在力」で構成する。組織力は経営陣の多様性として外部取締役、女性取締役の割合、アイデア・柔軟性として役員の平均年齢、意思決定スピードとして役員人数の合計4要素で構成している。

価値創出力は時価総額と変化率、価値の獲得力として売上高に占める営業利益率と変化率、営業利益と変化率。市場開拓力として海外売上比率とその変化率の合計8要素で構成した。

潜在力は技術力への投資として研究開発投資と変化率。市場化への投資として販売管理費と変化率。製造への投資として設備投資と変化率の合計6要素で構成した。

分析には2018年3月期のデータを使い、変化率は5年前の13年3月期との比較で算出した。新規上場等でデータのない企業は14年3月期や15年3月期のデータから変化率を算出した。

指数開発には一橋大学イノベーション研究センターの青島矢一センター長、和泉章教授、江藤学教授、軽部大教授、清水洋教授、延岡健太郎教授(現大阪大学教授)、大山睦准教授、中島賢太郎准教授、カンビョンウ専任講師の協力を得た。

ビジュアルデータ 一覧へ戻る