一覧表とチャートで見る

値上げラッシュ、価格はどうなる?

原材料価格や物流費の高騰、円安などに直面する企業の値上げが止まらない。動きは食品・生活用品メーカーや外食チェーン、コンビニエンスストアなどで広がっている。企業が値上げを表明している主な品目をまとめた。日経POS(販売時点情報管理)情報を分析すると、過去の値上げ局面以上に今回は小売価格の上昇傾向も見て取れる。

値上げラッシュの記事はこちら

値上げ品目を見る


飲料や外食など幅広い分野で値上げ

12月は森永製菓が主力のゼリー飲料「inゼリー」を2008年春以来およそ14年半ぶりに値上げするほか、ネスレ日本もボトルタイプのコーヒー製品を1994年の発売以来、初めて値上げする。両商品とも長年価格を維持してきたが、原料価格の高騰に加え、円安や原油高による包装資材や物流コストの上昇を受けて値上げに追い込まれた格好だ。外食でも「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋はベースカレーと呼ぶソースや上乗せする具材(トッピング)の大部分を値上げする。値上げは6月に続き今年2回目。ポークカレーやビーフカレーといったソースは全6種類が一律44円、平均7.4%値上げになる。

主な値上げ品目一覧
  1. 2022年12月
  2. 2023年1月
  3. 2023年2月

主な再値上げ品目

分類企業名品目日付値上げ幅値上げ金額例(※は税別価格)
製菓森永製菓ゼリー飲料2022-12-01一律10円inゼリー エネルギー:200円→ 210円※
コーヒーネスレ日本ボトルタイプのコーヒー製品2022-12-0113%ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 無糖 900ml:163円→ 185円
乳製品森永乳業粉ミルクなど2022-12-01最大10.5%森永はぐくみ 小缶:980円→ 1040円※
業務用調味料理研ビタミン和風調味料・たれなど2022-12-015~33%
外食壱番屋「カレーハウスCoCo壱番屋」のカレー、トッピングなど2022-12-01カレーで44円、トッピングで5~20円ポークカレー(東京都、神奈川県、大阪府):547円→ 591円
ロイヤルホールディングス「天丼てんや」の天丼、定食など34品2022-12-223~20%天丼:530円→ 560円
調味料味の素調味料や栄養食品2022-01-012~16%味の素 50g:192円→ 205円
缶詰はごろもフーズシーチキンなど65商品2022-01-044.8~25%
菓子亀田製菓ソフトサラダなど米菓10商品1月30日から順次5~11%程度
菓子・米飯類日糧製パン豆大福など和洋菓子・おにぎりなど米飯類の59商品2022-01-01和洋菓子は平均9.2%、米飯類は平均8.4%
飲料UCC上島珈琲コーヒー飲料2022-01-0110~15%UCC 職人の珈琲 無糖 900ml:138円→ 148円※
製粉昭和産業天ぷら粉・ホットケーキミックスなど2022-01-042~15%天ぷら粉黄金:330円→ 341円※
日清製粉ウェルナミックス粉・パスタソースなど2022-01-042~25%
ニップンミックス粉・パスタソースなど2022-01-042~17%オーマイミートソース:237円→ 243円
紙製品王子ネピアティッシュペーパー、トイレ紙など家庭紙全品2022-01-2120%以上
大王製紙ティッシュペーパー、トイレ紙など家庭用・業務用の紙製品全品2022-01-2120%以上
浸透印などシヤチハタインク浸透印「ネーム印」など2022-01-01平均約15%
酒類永昌源紹興酒など中国酒2022-02-013~8%紹興酒「古越龍山金龍」(1800ml):2330円→ 2517円※
メルシャンワインや梅酒2022-02-012~12%
調味料ブルドックソースソース商品2022-02-017~22%ブルドック中濃ソース300ml:275円→ 313円
イカリソースソース商品2022-02-017~23%イカリウスターソース500ml:399円→ 453円
冷凍食品日清製粉ウェルナ冷凍パスタ2022-02-018~9%
ニチレイ冷凍食品2022-02-016~20%
味の素冷凍食品冷凍食品2022-02-016~16%
菓子・飲料江崎グリコ菓子・飲料・ヨーグルトなど2022-02-013~16%ポッキー:171円→ 183円
業務用食品・調味料キユーピードレッシングなど2022-02-011~38%焙煎胡麻ドレッシング(1リットル):854円→ 934円※
業務用調味料・酒類キッコーマン業務用のしょうゆや調理用ワイン2022-02-016~40%キッコーマン Pこいくちしょうゆ 10リットル:2855円→ 3028円
栄養食品ハウスウェルネスフーズゼリー製品2022-02-0110%C1000 ビタミンレモンゼリー:180円→ 198円※
大塚製薬ソイジョイ2022-02-018.7%
栄養補給菓子大塚製薬カロリーメイト2022-02-0110%ブロック入り4本:200円→ 220円※
サプリメント大塚製薬ネイチャーメイド2022-02-0114.8%以上
エナジードリンクアサヒ飲料モンスター2022-02-0112%モンスターエナジー355ml缶:205円→ 230円
紙製品日本製紙クレシアティッシュペーパー、トイレ紙など家庭紙全品2022-02-0115%以上

値上げ一覧を見る

店頭価格を見る


メーカーの値上げ、店頭価格にも浸透

メーカーの値上げがスーパーなど小売店での店頭価格にも浸透してきた。従来は小売り側が拒み、店頭価格に反映されるケースは限られていた。値上げが浸透しているのはかねての物流費や人件費の上昇に加え、原材料の高騰が重なってメーカー側が強い姿勢で要請しているからだ。日経POS情報で主要な食料品の平均店頭価格を調べたところ、食用油やマヨネーズなど上昇している品目も目立つ。

品目別の平均価格の推移

表示項目の選択
● 2021年1月の平均価格を100として指数化(出所)日経POS情報

定番商品も値上がり

食料品の値上げは2021年夏ごろから増えてきた。定番商品や売れ筋商品では、既に店頭価格が上昇しているものも多い。店頭での平均価格が上昇しているだけでなく、最低価格が上がっている商品も多いことから、特売やセールが減少しているもようだ。食卓に欠かせない商品の値上がりは、家計への影響も大きい。今後値上げが計画されている商品も多く、消費者はさらなる負担増を強いられそうだ。

主な商品の平均価格と最低価格の推移

  • 平均価格
  • 最低価格
日清オイリオグループ
キャノーラ油 1KG
価格・円

日清オイリオグループは2022年4月に続き7月にも食用油を値上げした。家庭用は10~20%引き上げた。21年にも4度値上げしていた。

ネスレ日本
ネスカフェ ゴールドブレンド 80G
価格・円

ネスレ日本は2022年1月に家庭用や業務用のコーヒー「ネスカフェ」などを10~20%程度値上げした。主力の「ネスカフェ ゴールドブレンド」シリーズなどが対象になった。

雪印メグミルク
ネオソフト ファットスプレッド 300G
価格・円

雪印メグミルクは2021年10月に家庭用マーガリンなどの価格を引き上げた。主力商品「ネオソフト」は08年以来の値上げだった。22年9月にも再び値上げした。

日清製粉ウェルナ
ママー 密封チャック付結束スパゲティ 1.6MM 600G
価格・円

日清製粉ウェルナは2022年2月にパスタやパスタソースを3~9%値上げした。1月には家庭用小麦粉なども値上げしていた。

キユーピー
キユーピー マヨネーズ 450G
価格・円

キユーピーは2022年3月にマヨネーズやドレッシングなどを値上げした。家庭用の値上げ幅は2~10%。マヨネーズは21年7月に続く値上げだった。さらに22年10月に3回目の値上げに踏み切った。

UCC上島珈琲
クラシック オリジナルブレンド VP 粉 200G
価格・円

UCC上島珈琲は2021年9月に家庭用レギュラーコーヒー製品を約20%値上げした。価格の見直しは14年11月に約25%引き上げて以来。

プリマハム
香薫 あらびきポーク ウインナー 90GX2
価格・円

プリマハムは2022年2月にハム・ソーセージなど200品目を値上げした。主力ソーセージ「香薫(こうくん)あらびきポーク」は約5%値上げした。さらに9月にも再び値上げした。

山崎製パン
ロイヤルブレッド 6枚
価格・円

山崎製パンは2022年1月に食パンと菓子パンを平均7.3%値上げした。さらに7月1日出荷分から平均約7%値上げした。

ニチレイフーズ
お弁当にグッド! ミニハンバーグ 6個 126G
価格・円

ニチレイフーズは2021年11月に一部の冷凍食品を値上げした。家庭用の値上げ幅は4~8%。さらに22年8月納品分から一部の家庭用冷凍食品を約8~20%値上げした。

● (出所)日経POS情報  ※商品名は日経POS情報に登録されている名称を用いた