ラグビーを被災地の力に 復興スタジアム360度空撮

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会。会場のひとつ、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムは、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた鵜住居地区に建設された。被災地に生まれたスタジアムで小型無人機(ドローン)を飛ばし、360度映像を撮影した。

Internet Explorerなど一部のブラウザではお使いになれません。

スタジアム観客席。9月25日のフィジー対ウルグアイ戦では1万4千人の観客で埋まった

鵜住居地区では再建された鵜住居駅を中心にまちづくりが進む

海岸では高さ14.5メートルの防潮堤の整備が進む

映像
浦田晃之介、斎藤一美

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。