135メートルの通路を囲むように出版物が並ぶ新館書庫

蔵書数日本一の図書館 地下8階の本棚をぐるり360度撮影

約4342万点の蔵書数で日本一を誇る国立国会図書館。現在も毎年約80万点ずつその数を増やしている。新館は地下8階。気温22度、湿度55%を目安に保ち、本が傷まないように厳格に管理している。増え続ける蔵書は2020年には受け入れ上限に達するため、京都府にある関西館に資料の一部を移送する予定だ。

Internet Explorerなど一部のブラウザではお使いになれません。

新館書庫の光庭。深さ約30メートル、地下8階の巨大な本棚

1968年にできた本館書庫は2階分の高さを3分割した17層の積層書庫

映像
伊藤航、古谷真洋、斎藤一美

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。