首都圏外郭放水路の調圧水槽。地下約22メートルの空間に高さ18メートルの柱がそびえ立つ

絶景「地下神殿」 360度動画で見る首都圏外郭放水路

「地下神殿」と呼ばれる首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)はインフラ観光の人気スポットだ。総延長約6キロメートルの世界最大級地下放水路は、流れ込んだ大量の雨水を江戸川に流して首都圏の水害を防ぐ。インフラを観光資源として活用する「インフラツーリズム」が広がっている。

Internet Explorerなど一部のブラウザではお使いになれません。

洪水の様子をAR(拡張現実)アプリで疑似体験できる

大雨で流れ込んだ水を入れる第1立坑は深さ約70メートル、幅30メートル。

映像
伊藤航、古谷真洋、斎藤一美

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。