絵でわかるラグビー 基本編

ラグビーとサッカーは、英国の名門学校で行われていたフットボールが2つに枝分かれしたもの。基本的な構造は似ている。激しい肉弾戦を許容するラグビーは、選手の安全性を守り、得点が生まれやすくするために細かいルールを設けている。

ゲームシステム

試合時間

試合時間

試合時間は前半40分、後半40分。80分間全力で戦う競技です。前半と後半の間にとるハーフタイム(休憩時間)は基本的に15分以内となっています。

出場人数

出場人数

出場人数は1チーム15人。両チーム合わせて30人で試合を行ってます。1チーム23人まで選手登録ができ、出場15人の残りの8人はリザーブと呼ばれます。

フォーメーション

フォーメーション

15人それぞれにポジションが決まっています。大きく分けるとフォワード(FW)と呼ばれる前の8人と、バックス(BK)と呼ばれる後ろの7人に分けられます。

選手のサイズ

選手のサイズ

フォワード(FW)はスクラムなどの肉弾戦の機会が多いため、バックス(BK)に比べて大きな体格の選手が多いです。

基本ルール

ラグビーは後ろにパス

ラグビーは後ろにパス

ボールより前方にいるプレイヤーにパスすることを禁じています。ボールより前に出てプレイすることも禁じています。

ボールを前進させるには

ボールを前進させるには

ボールを前進させるには、ボールを持って進むか、または前方に向かってキックをして、敵陣のゴールラインを目指していきます。

相手の前進はタックルで阻止

相手の前進はタックルで阻止

守る側の選手は、相手の前進をタックルして阻止します。ボールを持っている選手にしかタックルはできません。

得点方法

トライ

トライ

敵陣インゴール内の地面にボールをつけることをトライと言います。得点として一番大きく、5点が加算されます。

ゴールキック

ゴールキック

トライ後に攻撃側の選手がキックを成功させると与えられる得点です。H型ポールの内側かつ、クロスバーの高さを超えて、通過すれば2点が加算されます。

ペナルティゴール

ペナルティゴール

相手チームが重い反則をした場合、ペナルティゴールをする権利が与えられます。ペナルティキックを得た地点からボールを地面においてキックし、成功すれば3点加算されます。

ドロップキック

ドロップキック

通常のプレー中に、ボールを地面に落とし、跳ね返ったボールを蹴ることにより、ゴールキックを成功させるものです。成功すれば3点加算されます。

ペナルティトライ

ペナルティトライ

守備側に重い反則があり、その反則がなければ攻撃側はトライできていただろうと審判が判断した際に、攻撃側に認められるものです。自動的に7点が加算されます。

プレーの再開

スクラ

スクラム

軽い反則、あるいは競技の停止があった後、早く、安全に、公平にプレーを再開するために行われるものです。両チームのFWの選手各8人が組み合い、9番(スクラムハーフ)が入れたボールを掻き出します。

フリーキック

フリーキック

軽い反則があった場合に、相手チームに与えられるキックです。直接ゴールは狙えません。タッチに蹴り出すと相手ボールでの再開になります。

ペナルティキック

ペナルティキック

重い反則があった場合に相手チームに与えられるキックです。直接ゴールを狙うことができます。 タッチラインに蹴り出すとマイボールでの再開になります。

ラインアウト

ラインアウト

ボールがタッチラインの外に出た場合のプレー再開方法です。マイボールのチームがタッチラインから投げ入れるボールを、両チームがタッチラインから5m~15m離れた場所で奪い合います。

プレー中の見どころ

ブレイクダウン

ブレイクダウン

タックル時に起こる、ボールの争奪戦のこと。このプレーは80分間で100回を超えるという。

ラグビー観戦をお楽しみください

基本ルールを覚えて、観戦をお楽しみください!

企画・編集
谷口誠、赤間夏樹、鎌田健一郎
Web制作協力
ノースショア株式会社

ビジュアルデータ 一覧へ戻る

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。