数字で見る女性の活躍
数字で見る女性の活躍

社会で活躍したい女性たちに立ちはだかる2つのカベ。「マミートラック」「ガラスの天井」ってなに?

登場人物

虹野 愛
育児と仕事に奮闘する2児の母。

虹野 大輔
愛の夫。最近の趣味は退社後の立ち飲み。

Topic1 バリバリ働きたいのに…

第1のカベマミートラック

働く女性が出産を機に責任が軽い仕事を任されるようになり、キャリアアップから遠ざかるコースを「マミートラック」と呼びます。将来への展望がなくなり、離職につながりやすいとされています。

育児を優先したい人はいいけど、バリバリ働きたい人はやる気なくなるよなぁ……。

第2のカベガラスの天井

企業などで資質や成果とは関係なく女性や少数派の昇進を阻む見えない障壁を「ガラスの天井」と呼びます。日本企業に限った問題ではなく、政治などの世界でも指摘されています。

「女性だから」って理由で昇進できないとしたら、おかしな話よね。

Topic2
政府目標の達成は難しい

企業の管理職に占める女性の割合

国会議員に占める女性の割合

政府は、企業の管理職や議員など「社会のあらゆる分野の指導的地位」に占める女性の割合を「2020年までに30%程度」にする目標を掲げています。少しずつ女性管理職は増えていますが、課長相当職でもまだ10%台のままです。

来年の目標達成は難しそうね。でも、私は頑張って社長になってみせるわ!

企業や社会で女性が輝き続けるには、「マミートラック」や「ガラスの天井」を取り除いていく必要がありそうです。男性中心の組織のあり方や長時間労働を前提とした働き方が問われています。

編集
佐藤信博
デザイン
藤岡真央
イラスト
鎌田多恵子
マークアップ
東條晃博

ビジュアルデータ 一覧へ戻る

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。