3おカネは色々な姿に

- 貸借対照表 BS -

貸借対照表とは

BS

=

貸借対照表
Balance Sheet

会社がどんな財産を持ち
資本や借金がどのくらいあるのか
会社の財政状況がわかる表

BSは3つの箱で
イメージするとわかる

BSは左右それぞれから
見てみよう

BSはPLよりわかりにくいと言われます。利益を順番に見ていくことでPLの仕組みがわかりやすくなったように、BSは「左右」を見渡せばわかりやすくなります。

BSは右側がどうやっておカネを集めたかを示しています。左側はそのおカネがどのように使われて、何になっているかを示しています。

右側の箱/調達 負債・純資産

負債の部

返さないといけないおカネ

  • 借入金
  • 社債
  • 仕入債務※1

純資産の部

株主が出してくれたおカネ・これまで稼いだおカネ

  • 資本金※2
  • 利益剰余金※3

※1 仕入債務
商品・サービスを買った後、一定日後に支払うことを約束した義務のことをいいます。
※2 資本金
株主が出資したおカネの額。
※3 利益剰余金
会社の内部に溜まっているこれまでの利益を積み立てたおカネ。会社内部に蓄積されます。

負債は短期と長期に分けられます。短期負債はすぐに返さないといけないもの、長期負債はすぐに返さなくともよいものです。

左側の箱/運用 資産

資産の部

  • 現金および預金
  • 売上債権※4
  • 有価証券※5
  • 棚卸資産※6

  • 土地
  • 設備
  • 機械
  • のれん※7
  • そのほか
※4 売上債権
商品・サービスを売った後、一定日後に支払われることが約束された権利のことをいいます。受取手形や売掛金などがこれにあたります。
※5 有価証券
債券、株式などを指します。
※6 棚卸資産
一般的に言われる在庫であり、販売前の商品、製品、原材料、仕掛品がこれにあたります。
※7 のれん
企業の買収・合併時に買収された側の企業の純資産と買収価格との差です。「入社1年目で知っておきたかった会計用語」で詳しく解説します。

資産も短期と長期に分けられます。短期資産は、おカネやすぐにおカネに替えられるもの、長期資産はすぐには替えられないものを表します。

債務超過までの
シャープのBSの動き

BSを見れば
「安全性」がわかる

返さなくていい
お金が多い方が安全!
だけど...

負債は銀行などに返さないといけないお金です。純資産は株主から提供してもらったお金と、これまで稼いだお金で、返す必要はありません。負債と純資産との合計額のうち、純資産の占める比率が自己資本比率です。この数値が高い方が健全性が高いと言えます。

ただ、株主に提供してもらったお金は返す必要はありませんが、配当や株価の上昇といった形で株主に報いる必要があります。利息だけ払えばいい負債に比べて、要求されることは大きいため、資本のほうが負担が重い(コストが高い)とも言えます。まさにことわざにある「タダより高い物はない」ということです。

資産・負債の中の
短期と長期を比べる

安全性を測る上で、資産・負債のそれぞれの中の短期と長期を比較することも重要です。短期資産の比率が高いほう、短期負債の比率が低いほうが安全といえます。


負債が増えすぎると
どうなるの

赤字が積み重なって資本が減少、純資産がマイナスになることを債務超過といいます。債務超過の会社のBSをみると、資産をすべてお金にかえても、負債を返すことができない状況にあることがわかります。 これは財務として危機的な状況で、株主から新たに資金を提供してもらうなどしないと上場が続けられないことになります。

BSを見て、企業を当てよう

以下の3つの図はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループの2018年12月末のBSです。このうちソフトバンクグループはどれでしょうか?

正解

Aがソフトバンクグループ

ソフトバンクグループは日本での携帯電話だけでなく、アメリカの携帯会社スプリントやイギリスの半導体会社アームなどがグループにあります。そのため資産は36兆円とドコモやKDDIの5倍もあります。一方で銀行からの借り入れや社債発行も多く、有利子負債は17兆円もあります。ドコモの資産は7.7兆円ですが、有利子負債は500億円しかなく、安定度は高いともいえます。


次のページへ

4

勘定合って銭足らず

- キャッシュフロー計算書 -

  • 1

    決算書ってなんだろう
    会社の健康診断書

  • 2

    1年でいくら稼いだか
    損益計算書PL

  • 3

    おカネは色々な姿に変化
    貸借対照表BS

  • 4

    勘定合って銭足らず
    キャッシュフロー計算書

  • 5

    三位一体のPL・BS・CF
    みんなつながっている

取材・制作
堤 正治、伊藤 岳、安田 翔平、宮下 啓之、田村 正之

ビジュアルデータ 一覧へ戻る

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。