4勘定合って銭足らず

- キャッシュフロー計算書 -

キャッシュフロー
計算書とは

CF

=

キャッシュフロー
計算書
Cash Flow Statement

会社が保有する現金が
1年間でどういう理由でどのくらい
増減したのかわかる表

CFをみると
資金繰りがわかる

会社は仕入れでも販売でも、支払いや受け取りは何カ月か後という取引をします。PLでは会社の業績をできるだけを正確に表すため、お金を実際に貰っていなくても利益として記載します。

一方でCFは家計簿と同じように、収入と支出ベースで会社のお金の動きを記載していきます。そのためPLからは分からないリアルな資金繰りを読み解くことが出来ます。


おカネの出入りを
3つの活動に分ける

CFはどのような理由でおカネが入ってきたか、出ていったかについて、3つの活動「営業・投資・財務」に分けて表され、最終的におカネがいくらプラスになったのか、あるいはマイナスになったのかが記載されます。

営業
CF

「営業CF」は会社が本業で稼いだ現金の増減です。今の本業の状況がわかるため、もっとも重視され、普通はプラスになります。

例えば

現金での売り上げ・売掛金の回収

現金での仕入れ・給与の支払い

投資
CF

「投資CF」は将来の利益につながる活動に使った現金の増減です。つまり未来のためにいくらお金を使ったが表され、普通はマイナスになります。

例えば

株式売却による収入

工場の建設・土地の購入・M&A

財務
CF

市場や銀行からの資金の調達や返済によって生じた現金の増減です。

例えば

株式の発行・銀行からの融資

借金の返済・配当の支払い


外部に頼らず
事業を回せているか

3つのCFのうち、財務CFを除いた営業CFと投資CFを足したものをフリーキャッシュフロー(純現金収支・FCF)といいます。

営業CFと投資CFは共に会社本来の事業でのお金の出入りなので、FCFがプラスならば事業活動でお金を生み出したということになります。

プラスであれば、事業活動で生んだお金を借金の返済や株主還元に使う余地が増えます。

逆にマイナスであれば事業で不足した資金を外部から調達することになります。マイナスの状態が続くと、財務が悪化します。FCFがマイナスになった理由が投資が一時的に大きくなったことなのか、本業からのもうけが少なくなっているのかなどの見極めも重要になります。

CFはすべてプラスなら
よいわけではない

CFで会社のタイプ
がわかる

何にいくら使ったのか、借金は返せているのかなど、お金の使い方で人の経済状況やタイプが分かります。

同じように会社を見るときも、どの活動を通してお金が増減したかを知ることで、どんな会社でどんな状況にあるかをタイプに分けて把握することができます。


TYPE.1 安定型

本業で稼いだ資金で、将来に向けた投資をまかない、それでも残った分で株主への還元や借金の返済をしています。資金面で安定しており、上場企業の半数以上がこのタイプです。

2018年3月期の日立は、鉄道システムや自動車向けの高機能材料が好調で、本業で7000億円を超える資金を稼ぎました。アメリカにある空気圧縮機の会社を買収するなど4700億円の資金を使いましたが、FCFは約2500億円に達しました。社債の償還や配当金の支払いで3200億円を使い、期末の現金残高は期初より700億円弱減りました。

TYPE.2 積極投資型

本業で稼いではいますが、将来のためにその稼ぎを超える大きな投資をしています。足りない部分は外部からの借り入れなどで補っています。成長に向けてアクセルを踏んでいるといえ、上場企業の2割がこのタイプです。

JR東海は東海道新幹線という安定した収入源があり、2018年3月期は6000億円を超える資金を稼ぎました。ただ2027年の開通を予定するリニア中央新幹線の建設などで1兆6000億円を超える投資をしており、国から独立行政法人を経由して1兆5000億円を借り入れています。

TYPE.3 成長途上型

本業で資金を稼いでいませんが、将来に向けた投資を積極的にしています。創業から間もなく、まだ稼げるようになっていないものの、大きく成長することを目指しているスタートアップ企業に多いタイプで、上場企業の7%が該当します。

2018年6月期のメルカリはフリマアプリの利用者が増えたことで増収でしたが、広告宣伝費が増えて赤字となり、本業では30億円以上資金が流出しました。スマホでの決済やアメリカでの展開などで投資でも約20億円を使っています。上場した際の増資で520億円を調達し、借り入れも実施し資金を確保しています。

TYPE.4 雌伏型

本業で資金を稼ぎ、株式などの売却でも資金を得ています。手元に増えた資金を銀行への返済などに充てています。次の成長に向けて力を蓄える雌伏の時とも言え、上場企業の7%が該当します。

2018年12月期のキリンホールディングスは本業で2000億円近い資金を稼ぎ、アメリカの製薬大手との合弁関係を清算したことで株式を売却し、投資面でも500億円近い資金を得ました。自社株買いによる株主への還元や借金返済などで2000億円以上の資金を使いました。


CFから企業を当てよう

以下の3つの図はLINE、大塚家具、マクドナルドの18年12月期のキャッシュフロー計算書です。このうちLINEはどれでしょう。

正解

BがLINE

Aはマクドナルドです。本業で稼いだ300億円以上のキャッシュで約100億円の投資をまかない、約70億円を返済などに回しています。Cは大塚家具です。本業が苦戦し最終赤字となっており、営業キャッシュフローも赤字です。それを資産の売却や借り入れで補っています。BのLINEは本業で約90億円を稼いでいますが、スマートフォン決済や人工知能(AI)の活用のため、500億円を超える投資をしています。足りない部分について社債などを発行し1700億円超を調達しました。


次のページへ

5

PLとBSはつながっている

- みんなつながっている -

  • 1

    決算書ってなんだろう
    会社の健康診断書

  • 2

    1年でいくら稼いだか
    損益計算書PL

  • 3

    おカネは色々な姿に変化
    貸借対照表BS

  • 4

    勘定合って銭足らず
    キャッシュフロー計算書

  • 5

    三位一体のPL・BS・CF
    みんなつながっている

取材・制作
堤 正治、伊藤 岳、安田 翔平、宮下 啓之、田村 正之

ビジュアルデータ 一覧へ戻る

この記事は有料会員限定です

無料の登録会員の方はお読みいただけません。