新産業創世記

日本は、世界は
人気アプリにみる新潮流

 日本の1981年前後に生まれた「81(ハチイチ)世代」のようなデジタルネーティブ世代の暮らしに欠かせないのが、スマートフォン(スマホ)の使い方を豊かにするアプリだろう。人気アプリの顔ぶれは、世界の消費トレンドや開発企業の勢力図をも映し出す。15カ国・地域のダウンロード数と売り上げのランキングを月別に追ったビジュアルデータで、世界のアプリ市場の潮流と「お国柄」を探ってみよう。

APPLI RANKING人気アプリ ランキングと推移は

国・地域

カテゴリー

ランキング指標

米調査会社アップアニーがまとめた15カ国・地域のアプリダウンロード数と売り上げの月別ランキング(縦)、推移(横)を2016年7月までの約1年半~2年分、アプリのアイコンを使ってビジュアル化した。アイコンにカーソルを合わせるとアプリ名や開発企業の国・地域、カテゴリーを表示する。中国はiOSのみ。

 国・地域別に人気アプリのカテゴリーや指標をボタンで切り替えていくと、どんなことが見えてくるだろうか。例えば中国を見ると、「フェイスブック」や「ワッツアップ」「インスタグラム」など世界的にメジャーなアプリが見当たらない。ダウンロードできるアプリを国が制限しているためだ。

 ふだん日本では目にしないような「その国ならでは」のアプリがあったり、逆になじみのあるアプリが意外な国でつくられていたりと、様々な発見があるはずだ。(データ協力 App Annie)

TOPICSアプリ文化にみる「お国柄」

TOPICS - 01

日本、ゲーム課金もガラパゴス?

 「ゲームでつい出費してしまう」のは世界共通のようだ。世界のアプリ売り上げランキングはゲームがほぼ独占し、上位には日本のゲームも名を連ねる。しかし国・地域別に見ると、海外のランキングに日本のゲームはほとんど現れない。つまり世界で有数の規模を持つ日本のゲームも、その大半を国内ユーザーの課金が支えている構図が浮かび上がる。

01 - A

世界 ゲーム ストア売り上げ

「モンスターストライク」は売り上げで世界一になった月もある。「モンスターストライク」は売り上げで世界一になった月もある。

01 - B

世界 ゲーム ダウンロード数

日本のゲームは全てランク外。世界中にユーザーがいるとはいえない。日本のゲームは全てランク外。世界中にユーザーがいるとはいえない。

TOPICS - 02

北欧発アプリの巨人」

 米国勢がアプリ開発の最先端を行く一方で、北欧の企業もゲームと音楽配信で世界のトップに立っている。フィンランドのスーパーセルが2012年にリリースしたゲームアプリ「クラッシュ・オブ・クラン」は多くの国でヒット。16年7月時点でも15カ国・地域中12カ国のアプリ売り上げでトップ10に入っている。

 スウェーデンの音楽配信大手スポティファイ(アプリ名同じ)は、ゲームを除いた世界全体の売り上げで15年8月から首位に君臨している。日本でも定額配信サービスを始めた。

02 - A

世界 ゲーム ストア売り上げ

赤いロゴの「クラッシュ・オブ・クラン」を筆頭にヒットを連発。赤いロゴの「クラッシュ・オブ・クラン」を筆頭に、ヒットを連発。

02 - B

世界 ゲーム以外 ストア売り上げ

「スポティファイ」の人気は衰えない。「スポティファイ」の人気は衰えない。

TOPICS - 03

「出会いアプリも世界で勢い

 出会いのきっかけを作る「マッチングアプリ」の市場が活況を呈している。その場で写真やプロフィルを見て好みの相手を探せる手軽さやゲーム性が受け、今や一大ビジネスになった。筆頭格が米国の「ティンダー」で、10カ国でトップ10入り(16年7月時点)している。

 国ごとに独自のアプリがあるのも特徴だ。例えばフランスで人気がある「アダプトアガイ(AdoptAGuy)」は、女性が男性を買い物かごに入れている様子をアイコンにするなど、デザインにも工夫を凝らしている。

03 - A

世界 ゲーム以外 ストア売り上げ

世界で最も勢いがあるのが炎のロゴの「ティンダー」だ。世界で最も勢いがあるのが、炎のロゴの「ティンダー」だ。

03 - B

フランス ゲーム以外 ストア売り上げ

フランスで絶大な人気の「アダプトアガイ」。2位以下の競争は激しい。フランスで絶大な人気の「アダプトアガイ」。2位以下の競争は激しい。

TOPICS - 04

アプリにもシェアエコノミーの波

 アプリ市場でも、モノやサービスを複数人で共有して利用する「シェアリングエコノミー」の新しい潮流が生まれている。象徴的なのは、ドライバーと乗客をアプリで結びつける相乗りサービスの米国「ウーバー」や、無料のWi-Fi接続ポイントにアクセスできる中国の「ワイファイ・マスター・キー」だ。衣料品などを売買する日本のフリーマーケットアプリ「メルカリ」もこれに当たる。産業構造変化の一端を、アプリも担っている。

04 - A

世界 ゲーム以外 ダウンロード数

新産業を象徴するように、16年7月に「ウーバー」がランクイン。新産業を象徴するように、16年7月に「ウーバー」がランクイン。

04 - B

日本 ゲーム以外 ダウンロード数

日本では「メルカリ」が健闘。次の産業、次のアプリは何だろうか。日本では「メルカリ」が健闘。次の産業、次のアプリは何だろうか。

取材・制作
夏目祐介、鎌田健一郎、清水明、佐藤健
データ提供
App Annie

新産業創世記

  • 日本は、世界は 人気アプリにみる新潮流

  • 新産業創世記「強い特許」持つ企業は

  • 新産業創世記 難題に挑む

  • 医療・エネルギー・食料 それぞれの「効率革命」

  • 世界で台頭 巨大ベンチャー「ユニコーン」勢力図

  • 宇宙に飛び、暮らす 日本の技が開くビジネス

  • 空き部屋も余剰設備も シェアすれば資産に

  • 異才エンジニア、御社は見抜けますか?

  • 1人でも小粒でも イノベーション、まず挑戦

  • GEと中小 それぞれの「ものづくり革命」

  • レース車も無人運転 技術が崩す「垣根」

Loading... 0 %

Visual Data 一覧へ戻る