Data Discovery データディスカバリー

観光だけじゃない!ニッポンに住む外国人の素顔

グローバル化が進み、様々な人が世界中を行き来する時代。日本と海外の間では、どんな人が、どんな目的でお互いの国を訪れているのか。統計データを探った。

海外から日本へ 海外から日本へ

日本にやってくる外国人は観光客だけではない。東日本大震災の直後には落ち込んだものの、一定の期間、日本に住む目的で来日する外国人もここ数年、増えている。日本にいる外国人のうち、短期滞在者や永住者、日本人の配偶者などをのぞき、仕事や留学、技能実習などの目的で中長期の滞在をしている人は約63万人。鳥取県の人口(約57万人)を上回る。

出典情報をみる

TOPIC1 TOPIC1

増えるインド人。ツートップは「IT技術者」「料理人」

VIEW DETAILS

IT技術者を中心とした「技術者」の来日が増え、東京などにインド人コミュニティーができ、インド料理の調理師らを中心とした「技能者」も増えている。

TOPIC2 TOPIC2

経営者は中国人が断トツ。10年で5倍。

VIEW DETAILS

この10年間で圧倒的な伸びを示しているのが中国人の経営者らだ。中国企業の日本法人の経営に参加するほか、自ら起業する中国人も増えているとみられる。

TOPIC3 TOPIC3

留学、実習…日本で学ぶベトナム人が急増

大学生などの「留学生」

VIEW DETAILS

機械加工などの「技能実習生」

VIEW DETAILS

大学で学ぶ留学生や企業等で技能実習を受けるベトナム人が増えている。技能実習生は自動車部品製造のほか、ビルメンテナンスなどの現場でも増える見込み。

日本から海外へ 日本から海外へ

約83万人が海外に長期滞在、アジアに厚み。

海外に長期滞在している日本人の数はどうだろう。直近の統計となる2013年時点で、永住者をのぞいた長期滞在者は約83万人。このうち、地域別ではアジアが約40%を占め、北米(約32%)を上回っている。滞在目的ではビジネスを目的とした民間企業関係者が約54%を占めている。

出典情報をみる

TOPIC1 TOPIC1

ビジネス渡航、急増のインド・ベトナム・メキシコ・タイ ビジネス渡航、急増のインド・ベトナム・メキシコ・タイ

VIEW DETAILS

人件費の高騰や環境問題の影響もあり、中国以外の国に日本企業が進出する動きが強まった。「チャイナプラスワン」が人の動きにも現れた格好だ。

TOPIC2 TOPIC2

留学はオーストラリア カナダへ 留学はオーストラリア カナダへ

VIEW DETAILS

費用の安さや短期留学のしやすさがカナダ、オーストラリアの人気を高めている。米国ではアジア各国からの学生で留学生枠がいっぱいになるケースも。

TOPIC3 TOPIC3

アフリカに渡る政府関係者の比率が高いことがわかる アフリカに渡る政府関係者の比率が高いことがわかる

2013年のデータ。アフリカでは内紛などでビジネス環境が整っていない地域も目立つ。中国などとのODA(政府開発援助)合戦で政府関係者が増えている面もある。

行く人来る人 20ヵ国別・地域別の滞在目的は?

【グラフ1】 海外から日本へ 資格別の滞在者数

【グラフ2】 日本から海外へ 目的別の滞在者数

制作・データ分析:
板津直快、湯沢維久、鎌田健一郎、清水明、佐藤健
協力:
ノースショア株式会社

日経本誌の誌面では・・・ 日経本誌の誌面では・・・

日本人が海外旅行で使う金額と、日本を訪れる外国人が国内で使う金額が2014年度に逆転しました。5月18日付日経朝刊の紙面では、観光で稼ぐ日本の姿を紹介しています。

紙面全体をPDFで見る

【データ・ディスカバリー 記事一覧】

Visual Data 一覧へ戻る