Data Discovery データディスカバリー

フリマvsオークション ネット売買の両雄比較

-FLEA MARKET APP-
-NET AUCTION-

インターネットを使った個人間売買が増えている。スマートフォン(スマホ)で商品の画像を投稿し、素早く売買できる「フリーマーケット(フリマ)アプリ」と、一定期間内に入札を繰り返して購入者を決める「ネットオークション」だ。両者の実力をデータで探ってみる。

TOPIC 1 規模はオークション伸びはフリマに軍配

最大手の取引総額は?

ヤフオク 1,000億円
2014年度
2015年度
5.9%増
8,181億円
8,667億円
mercari 40億円
2014年度
2015年度
3倍
400億円
1,200億円

1日の出品数はどれくらい?2016年

ヤフオク!
mercari
ヤフオク!
mercari

スマホからの利用者数とアプリ比率は?

ヤフオク!
1,717万人
2015年→2016年 1.7%増
うち55%がアプリ
mercari
1,082万人
2015年→2016年 77.9%増
うち95%がアプリ

フリマ、オークションでそれぞれ「1強」のメルカリとヤフオクを比べてみた。ヤフオクはメルカリと比べ、取引総額で約7倍、出品数で約50倍の規模。一方、メルカリはサービス規模の伸びで勝り、スマホアプリからの利用者が多い。

TOPIC 2 フリマ、若い女性が支持 オークションは中年男性

利用している人が多い年代・性別は?

フリマ 2016年
1位 10代女性
2位 20代女性
3位 30代女性
オークション 2016年
1位 40代男性
2位 50代男性
3位 30代男性

フリマの伸びはスマホの普及と重なる。スマホ1台で出品や売買できる手軽さが受け、若い女性を中心に支持が広がる。お小遣い稼ぎに加え、不要なものを手軽に手放したいというニーズにも応えている。

TOPIC 3(1) フリマ出品、半数が週1回以上

買う頻度、こう違う

ほぼ毎日
週に1日
月に1日
ほぼ毎日
週に1日
月に1日
  • フリマフリマ
  • オークションオークション

売る頻度は?

ほぼ毎日
週に1日
月に1日
ほぼ毎日
週に1日
月に1日
  • フリマフリマ
  • オークションオークション

TOPIC 3(2) フリマもオークションも売買額、5000円未満が最多

買う金額、1カ月でみると

  • フリマフリマ
  • オークションオークション

売る金額は?

  • フリマフリマ
  • オークションオークション

決まった期間内で何度も入札されるオークションに対し、フリマは売り手と買い手が合意すれば、すぐに取引が成立する。隙間時間を使えるフリマは利用頻度は高く、取引金額は低め。メルカリでは売れた商品の約半数が24時間以内に取引が成立している。

TOPIC 4 売れ筋の特徴、フリマ=はやり オークション=趣味性

よく買われる品、こう違う

フリマ 2016年
オークション 2016年

フリマ取引、こんな意外な品も 2016年

米や野菜
手作り菓子
トイレットペーパーの芯
切手

素早く手軽に売り買いできることから、フリマでは衣料品や時計・アクセサリーなどトレンドが移り変わる商品の人気が高い。一方でネットオークションは衣料品のほかにも楽器やフィギュア、家電、AV機器など趣味性の高いものが売れ筋になっている。

フリマではトイレットペーパーの芯や空の牛乳パックなど、一風変わったものも人気を集める。「子供の工作で使う」といった理由で購入希望者がいるようだ。捨てるしかなかったものが商品になる点も個人間取引ならでは、なのかもしれない。

制作・データ分析:
諸富聡、漆間泰志、久能弘嗣
ウエブ制作協力:
ノースショア株式会社
制作・データ分析:
諸富聡、漆間泰志、久能弘嗣
ウエブ制作協力:
ノースショア株式会社

日経朝刊の誌面では・・・ 日経朝刊の誌面では・・・

「ポチってる」主役はシニア世帯――。12月19日付の日経朝刊「データディスカバリー」では、年代別にみたネットショッピングの世帯支出の違いやネット利用率の変化を描いています。

紙面全体をPDFで見る

【データ・ディスカバリー 記事一覧】

Visual Data 一覧へ戻る