Data Discovery データディスカバリー

あなたの県の「稼ぐ力」は データで探る地域と産業

 地方創生戦略が動き出した。東京一極集中の是正や雇用創出のカギを握るのが、地域経済を支える産業だ。都道府県別の産業競争力や「稼ぐ力」をデータから探ってみよう。

働き手1人あたりの稼ぎ 千葉など首都圏勢が上位

1 千葉県
2 神奈川県
3 埼玉県
782万円
758万円
737万円
44 鳥取県 472万円
45 沖縄県 464万円

 まず各都道府県民が年間どれくらいの額を稼いでいるのか、働き手1人あたりで比べてみた。石川を除く46都道府県で最新の2013年度をみると、トップ3を占めたのは千葉を筆頭とする首都圏勢。最も低い沖縄と、千葉との差は300万円を超える。

02 10年間の増減率、山梨や岩手が高い伸び

沖縄県 -5.8% 奈良県 -10.3%
岩手県 14.5%
山梨県 15.7%
山口県 13.8%

 働き手1人あたりの稼ぎを10年前との増減でみると、顔ぶれは大きく変わる。10%を超える2ケタ成長をした6県は東北など地方勢が目立つ。一方で奈良は唯一の2ケタ減となっている。

03 第1次~3次産業別 この10年の成長は

青森県
東京都
北海道
44.0%
30.2%
28.5%
44 秋田県 -9.9%
45 佐賀県 -12.0%
三重県
山形県
宮城県
77.9%
66.9%
54.4%
45 奈良県 -8.7%
46 高知県 -12.5%
埼玉県
沖縄県
三重県
13.2%
12.0%
11.6%
40 佐賀県 -2.4%
41 福井県 -4.7%
1
2
3
  • 第1次産業第1次産業
  • 第2次産業第2次産業
  • 第3次産業第3次産業

 産業分類別の県内総生産(GDP、物価変動の影響を除いた実質)を10年前からの増減率でみると、第1次産業(農林水産業)は青森が44%増でトップ。第2次産業(製造業や建設業)は三重が77%増、第3次産業(サービス業など)は埼玉が13%増で、それぞれ最も伸びが高い。

04 製造業、卸・小売り、医療・福祉 高い雇用シェア

1 25.4%
2 24.4%
3 24.1%
滋賀県
静岡県
三重県
1 45.9%
2 44.8%
3 37.6%
北海道
沖縄県
鹿児島県
1 36.7%
2 23.5%
3 22.9%
愛知県
群馬県
広島県
1 18.2%
2 16.4%
3 16.1%
秋田県
鳥取県
鹿児島県
1 21.4%
2 21.0%
3 20.9%
大阪府
福岡県
宮城県
1 19.5%
2 18.5%
3 18.3%
高知県
長崎県
鹿児島県
  • 製造業製造業
  • 食料品食料品
  • 輸送用機械類輸送用機械類
  • 電子部品類電子部品類
  • 卸・小売業卸・小売業
  • 医療・福祉医療・福祉

 各都道府県の雇用を支えているのは、どんな産業なのか。全従業員に占める業種別の内訳を調べてみた。特に比率が高いのは製造業で、25%台の滋賀を筆頭に11県が2割以上を占めた。さらに製造業の内訳を細かくみると、食料品や輸送用機械、電子部品・デバイスの雇用吸収力が高い。
 製造業以外では卸・小売業の雇用シェアが高く、大阪や福岡、宮城が東京を上回っている。医療・福祉は、高知をはじめ上位13県を西日本が占めた。

05 若年層の起業者比率、高いのは西日本

愛媛県
3
2
4
山口県
2
9
6
鹿児島県
2
6
6
千葉県
1
2
7
青森県
1
1
6

 地域の産業活力を示す一例として、若い世代の起業状況もみてみよう。15~34歳で収入を得る仕事がある人(有業者)に占める起業者の比率が最も高いのは愛媛の3.24%。9位の熊本までを西日本が占めた。

06 黒字の法人比率、沖縄と東北が高め

1 沖縄県
2 青森県
3 福島県
37 長野県
38 徳島県

0%

0%

0%

0%

0%

 企業の収益環境は厳しく、2013年度で全国企業の71.8%が赤字だった。都道府県別にみると、そのなかでも黒字法人の比率が高いのは沖縄と東北勢。最も低い徳島(21.1%)と沖縄の差は15ポイントに達する。

07 都道府県のGDP 明治~平成でどう変わった

 いまは東京、大阪、愛知、神奈川、埼玉……の順で続く県内総生産(GDP、名目)も、時代とともに勢力図は変わってきた。統計としてさかのぼれる1874年(明治7年)は、大阪が東京を抑えて全国一。3位以下は兵庫や京都、新潟が愛知を上回っていた。この約140年にわたる推移をグラフでたどってみよう。縦の線を左右に動かすと、その年の都道府県のGDPとランキングを確認できる。

制作・データ分析:
高佐知宏、白尾和幸、鎌田健一郎、佐藤健、清水明
ウエブ制作協力:
ノースショア株式会社
制作・データ分析:
高佐知宏、白尾和幸、鎌田健一郎、佐藤健
ウエブ制作協力:
ノースショア株式会社

日経朝刊の誌面では・・・ 日経朝刊の誌面では・・・

 全国28道県で、県内総生産(GDP)がリーマン・ショック前(2007年度)より「成長」――。4月18日付の日経朝刊「データディスカバリー」では、各都道府県の人口と1人当たりGDPがどう変化したのかをビジュアルに描いています。

紙面全体をPDFで見る

【データ・ディスカバリー 記事一覧】

Visual Data 一覧へ戻る